欲しいスニーカーのはなしをする

栄が好きなおたく主婦。末永桜花ちゃんオキドキ!

触らぬロマンス

f:id:yuica323:20171225193748j:plain

スマホが便利になりすぎてパソコン触らないイヤー(年)でした。とにかくスマホタブレットツイッターや動画を視聴するのに事欠かないので、ほんの1年ほど前は毎日必ず起きたらパソコンに触っていたのに、今は1ヶ月で数日レベル。でもやっぱりブログなど長い文章を書くのはスマホだと面倒くささが勝つので、私のブログの頻度は必然的にパソコン開いたタイミングに依存します。

 

前回のブログからもう5ヶ月か~~~あっという間だったな~~~~2017年総括すると"ヲタクとして充実していた"に尽きるんですよね。幸せすぎませんか?こんなにヲタクしたのって生まれて何度もないんじゃないかな。まあ関東に引っ越してきたっていうのも大きいんですけれど、それにしたってたくさん公演もコンサートも握手があってツイッターが現場への怨嗟に溢れかえっていたという印象。こっちに住んでるのに「幕張遠い」「幕張1部しんどい」「幕張は誰が得してるんだ」「幕張行くのめんどくさい~~~~」「たまアリでやれ」ってばっかり言ってごめんなさい、でもマジで幕張メッセは毎回死んだ顔で電車乗ってる。あと西武ドームも待ち構えてるから今からしんどい。でも行く。行くけどツイッターは好きにつぶやかせてほしいので許してね。

そんなヲタ充な2017年だったのに12月は驚くほど静かで、握手会やコンサートがない月は家族サービスできますね!やったね!でも推しと会いたさで死んでる!会いたい会いたい会いたいな!って思ってたんだけれど、えらくドでかいニュースが来たので喜びに満ち溢れたまま年末を迎えています。

 

末永桜花ちゃんオリジナル曲センターおめでとう!

 

長かったような短かったような。推し始めて2年が過ぎたけれど、順調な道ではなかったはずで、それは結局どのメンバーもそうなんだろうけれど、ずっと追っているとその大変さはメンバーの味わった比ではないにしてもより感じてしまうし、何度でも言ってしまうんだよね。最初からセンターポジションの松井珠理奈さんだって絶対順調な道を歩んできたわけじゃないしね、どのポジションでもアイドルを続けていると同世代よりずっとずっと挫折や悔しさを感じるはずで、それに耐えて笑顔でステージに立ち続けてくれていることに感謝しかないです。

 

公演でも大人数のコンサートでどんなに後ろでも端っこでも見つける自信があるし、現に総選挙御礼コンサートで大声ダイヤモンドをかかってメンバーがいるステージが明るくなった瞬間見つけて泣きそうになったり、参加するMVは見切れていても推しが映っている画面は1つも見逃したくないからいつも目を凝らして見ていたけれど、そんな必要もなく真ん中にいてくれる幸せを感じました。ソロのシーンも多い。リップシーンもある。

センターポジションは、48Gに所属していると他のグループより重みと羨望がヲタクにも伝わってくると思うんですよね。序列とかね。わかりやすく提示されてしまう宣材写真もあるし。センターじゃなくても見つけるよ、輝いて見えるよ、どこでもアイドルでいてくれるだけで嬉しいんだよって本当に常々思ってます。須田亜香里さんが言っていた素晴らしい言葉を引用すると"瞳の中のセンター"は私の中でずっと1人だけなんだよって。

センターの何が嬉しいかというと、それまで積み上げてきた努力や自信を、運営する側が認めて任せたポジションでもあるからなんです。評価してくれたからかな。言葉にするとやっぱり難しいんだけれど。
単純に見つけやすさが段違いっていうのが大所帯のアイドルグループの中でもありがたいことだし。

これからまた長い道のりを歩んでいくんだろうな。今回のことは登山をしているうちに、ふと視点を変えたらきれいな景色や花を見たような、1つの楽しみを知った感じ。わかりにくいかも。でも道のりの中で楽しみがなければ、ずっと前だけを見て進むのも疲れちゃうときもあるよね。これで少し自信につながってくれたらいいなあ、謙虚すぎるせいなのか、自信がないって先輩メンバーに話した記事を読んだときを思い出します。それさえあればもっともっと高いところへ登っていけるはずだから。

 

たぶん次のブログで推しのことを書くとしたら生誕祭のときだと思います。そのときにまた好きであることをいっぱい書けたらいいな。そしてきっとまた私は重力シンパシーが流れた瞬間泣くんだろうな。

 

2018年もたくさん末永桜花ちゃんの幸せが溢れますように。